北アルプス国際芸術祭 (1)

特急しなの @ 名古屋駅

ずっと行きたかった北アルプス国際芸術祭に参加するために、長野は大町市へ行ってきました。名古屋駅まで新幹線、ここからは特急しなのです。本来は松本駅までですが、季節臨時便として白馬駅行きが1往復設定されているので、そちらに乗車しました。

最近よくしなのに乗っている気がする…

黒部ダムカレー

信濃大町駅の駅前で黒部ダムのダムカレーを頂きました。初ダムカレーです。決壊はしませんでしたが(笑、ボリュームに圧倒されました。

さて駅前のインフォメーションセンターで各会場を巡回するバスの一日パスを購入し、出発です。1日目はJR大糸線を堺に西側を見て回りました。

パトリック・トゥットフオコ《龍(たつ)》

大町ダムを望む高台にあります。ダムの麓のバス停から片道2km… いきなりの洗礼です。

龍の棲家《岡村桂三郎》

ダムの麓にて。

山の唄《大平由香理》

バスで少し進み、大町温泉郷エリアにて。和紙でできたトンネルの不思議空間。

べールの向こうに《Caitlind R.C. BROWN&Wayne GARRETT》

木崎湖の湖畔にて。

雲結い(くもゆい)《五十嵐靖晃》

これほど天候が残念だったことはありません。組紐の作品とは、まさに君の名は。

ウォーターフィールド(存在と不在)《アルフレド&イザベル・アキリザン》

ここで時間切れ。移動とバスの時間待ちが多かった印象です。

宿泊はここから更に1時間、白馬にて。ドミトリーを予約したのですが、閑古鳥で個室になっちゃいました。色んな人に会えるかなー、と期待したのですが。

また夕食を頂いた居酒屋も終始自分一人。この季節に白馬を訪れる若い人は殆どいないんだとか。大町市が企画した気持ちが分かった気がします。

2017/7/29

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。