ブラジル旅 – オスカー・ニーマイヤー を巡る @ ブラジリア (1)

ブラジル旅の3日目。ポルトアレグレから飛行機でブラジルの首都・ブラジリアへ移動しました。最寄りのプレジデント・ジュセリノ・クビシェッキ空港から市内中心のセントラウ駅(Central)まではバスで30分程。

ブラジリアと言えば、建築家・オスカー・ニーマイヤー氏らによって、戦後荒野に一から都市計画をし、遷都した現代都市であり、ユネスコ世界遺産に認定されています。

ブラジリアでは氏らの作品を中心に巡りました。

官公庁地区 @ ブラジリア

ブラジリアは飛行機型に区画され、街区の間を幅員の大きな道路が配されています。モータリゼーションの先進性を体感できますね。一方街区と街区の距離が果てしなく離れているので、徒歩での移動は大変です。

Cláudio Santoro National Theater / 国立劇場

Cláudio Santoro National Theater / 国立劇場
Cláudio Santoro National Theater / 国立劇場
Cláudio Santoro National Theater / 国立劇場

正面ガラス張りの部分がエントランスになっています。これだけ明るく、緑あふれていると、温室にいるようです。

形状のせいか、なかなかに雨漏りでしたね(笑 そして改修中でエントランスから中には入れず。

Catedral Metropolitana / カテドラル・メトロポリターナ

Catedral Metropolitana / カテドラル・メトロポリターナ
Catedral Metropolitana / カテドラル・メトロポリターナ

正面から地下に入っていきます。

Catedral Metropolitana / カテドラル・メトロポリターナ
Catedral Metropolitana / カテドラル・メトロポリターナ

外観から想像する以上に内部は圧倒的な大空間。

Museu Nacional da Brasília / ブラジリア国立美術館

Museu Nacional da Brasília / ブラジリア国立美術館
Museu Nacional da Brasília / ブラジリア国立美術館

杯を伏せたようなドームの中では、現代美術展が開催されていました。

Museu Nacional da Brasília / ブラジリア国立美術館

どこが2Fかは最早よく分かりませんが、上層へはにょろにょろ曲がりくねったスロープで移動します。敷地がでかすぎるので、効率とか明後日の方向に、大胆ですよね。

2018/9/18

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。