九州旅 2018 (3) 旧志免鉱業所竪坑櫓

旧志免鉱業所竪坑櫓

九州旅の2日目は博多から路線バスで20分ほどの距離にある志免町を訪れました。福岡空港の近くでしょうか。

元々は炭鉱の街で、レンガ造りの建物、水路など歩いているだけで楽しいです。

住居表示に小さな地図がついていました。便利さの程は分からないけど、面白い。

旧志免鉱業所竪坑櫓
旧志免鉱業所竪坑櫓

ここに来た一番の目的は、志免鉱業所の竪坑櫓です。戦前に建てられ、高さ50m近くある鉄筋コンクリート造です。重要文化財で近代化産業遺産。無骨さがたまらないです。

旧志免鉱業所竪坑櫓

近づいて見上げる。

第八坑連卸坑口
第五坑西側坑口

周辺には坑口も残されています。

背後にはボタ山が控えます。

志免鉄道記念公園

近くには旧国鉄勝田線の跡が残っており、公園になっています。

博多からすぐ近くにこれだけ遺構が残っているとは。

2018/8/25

作成者: きたけん

神戸出身&在住。大学では環境を学び、今はまちづくりに携わる。思い立ったらすぐに飛び出してしまう。