MOTサテライト 2018秋 うごきだす物語

秋の東京を巡る旅、2カ所目は東京都現代美術館の休館中に、まちなかに展開する試み「MOTサテライト 2018秋 うごきだす物語」を見学してきました。

東京都現代美術館がある清澄白河は、近年カフェやギャラリーが増えており、おしゃれなまちになっているそう。そんな清澄白河の空き店舗や倉庫、町会会館などを舞台に展示がされていました。

鈴木 のぞみ《The Light of Other Days: 白河二丁目町会会館》

日常にある穴から見える清澄白河を印画紙に定着させた作品。

錯視ブロックワークショップグループ

錯視を誘うブロックを使って、夢の建物をつくるワークショップをしていたそうです。このブロック欲しい…

志村 博《映像時空の旅2018》
志村 博《映像時空の旅2018》

1960年と現代の風景を魚眼レンズや幻灯器で旅する作品です。幻灯器の光は暖かみがありますね。

https://goo.gl/maps/ewXNx3mYD5E2

Google Maps

2018/11/3

作成者: きたけん

神戸出身&在住。大学では環境を学び、今はまちづくりに携わる。思い立ったらすぐに飛び出してしまう。