琵琶湖疎水船

明治23年(1890年)に作られた、琵琶湖から京都市へ至る水路(疎水)が琵琶湖疎水ですが、平成30年(2018年)より観光船が運行されており、これに乗船してきました。

大津閘門
大津閘門

このときは琵琶湖側から京都市側のコースを選択したので、三井寺駅近くの大津閘門から乗船しました。ここでは疎水の水位を調整しています。

洞門・扁額の解説

洞門が華美だそう。

乗下船場

疎水の幅員が広くないため、小振りな船です。※実際に乗船したのは同型艦です。

第一トンネル
第一トンネル

第一トンネルは全長2,436mと長大。

第二トンネル

紅葉の季節でした。

約1時間をかけて、蹴上に到着。

終点の蹴上にはインクライン(傾斜鉄道)が保存されています。終点感があります。

2020/11/13

作成者: きたけん

神戸出身&在住。大学では環境を学び、今はまちづくりに携わる。思い立ったらすぐに飛び出してしまう。