六甲ミーツ・アート 2021

六甲ミーツ・アート 2021
清水千晶《キオクノカナタへ》

今年も六甲山(と有馬温泉ほか)で開催されていた六甲ミーツ・アートを鑑賞してきました。昨年はコロナ禍もあってボリューム不足な印象でしたが、今年はそんなこともありませんでした。

六甲ミーツ・アート 2021
佐藤圭一《おねすと》

近所にこんなおっさんいそうです。

六甲ミーツ・アート 2021
清水千晶《キオクノカナタへ》
六甲ミーツ・アート 2021
岩谷雪子《みんな違う》

2019年の本展にも出ていましたが、ドライフラワー(?)を使った作品はとてもおしゃれ。今回は種子がはじける動きが加わり、じっと見ていたくなります。

六甲ミーツ・アート 2021
パルナソスの池 (淺井裕介 高山夏希・松井えり菜・村山悟郎)《山々を泳ぐ方舟》

廃墟の女王と称される摩耶観光ホテルに着想を得た作品。

六甲ミーツ・アート 2021
前野めり《Days》

実はすごく繊細な刺繍がされているんです。

六甲ミーツ・アート 2021
三松拓真《Get wild!!》

噂のモルカー!ちょっといかついけど。

2021/11/3

作成者: きたけん

神戸出身&在住。大学では環境を学び、今はまちづくりに携わる。思い立ったらすぐに飛び出してしまう。