山陰本線を横断して行く 出雲大社

拝殿

前日の広島・山口観光に続き、2日目は新山口駅から山陰本線を乗り継いで、出雲市駅、鳥取駅を経由して、神戸へと戻る限界旅程です。

特急スーパーおき キハ187系

新山口駅から特急スーパーおきに乗車し、山口線を経由し、出雲市駅を目指します。1日3往復しか運行していないだけでなく、また新山口駅8:53発、出雲市駅12:10着(2023年2月現在、以下同じ)と、乗車時間3時間強と、旅程をかなり拘束します…

一畑電車5000系

出雲市駅で、出雲大社を目指すべく、一畑電車に乗り換えです。出雲市での滞在時間は2時間弱しかないため、駆け足です。出雲市駅から出雲大社まで、10km近く離れているので、交通機関の利用はマストです。

勢溜
下り参道

出雲大社の本殿に向かう参道は、下り坂になっており「下り参道」と呼ばれています。本殿が低地にあるのは珍しい?

松の参道

下り参道を過ぎると、松並木が美しい「松の参道」に続きます。参道の中心は、神様の通り道なので、立ち入り禁止です。

ムスビの御神像
拝殿

出雲大社といえば、長さ13m、重さ5.2tにもなる大しめ縄が有名ですが、拝殿のものではなく、隣接する神楽殿のものがそれらしく、見逃した…

本殿
素鵞社(そがのやしろ)

本殿の背後には、素戔嗚尊スサノオノミコトを祀る、素鵞社そがのやしろがあります。

出雲大社の東隣にある、島根県立古代出雲歴史博物館にも行きたかったのですが、とても時間がなく、しめ縄とあわせて、リベンジが必要です。

快速あめつち キロ47形
快速あめつち キロ47形

出雲市駅から鳥取駅は臨時快速(観光列車)あめつちに乗車です。しかし本来の発時刻13:44では、出雲市の滞在時間が短すぎるので(というより出雲大社から出雲市駅へのバスの時間が間に合わない…)、後発の14:03発の特急スーパーまつかぜに乗車し、玉造温泉駅で乗り換えました。ミステリー小説感のありますね。

快速あめつち キロ47形

あめつちは、キハ47形を改造したキロ47形の車両を使用しています。全車グリーン車指定席ですからね。

車両デザインは、出雲市出身の映画監督である錦織良成氏と松江市出身の美術監督である吉田昇氏によります。

快速あめつち 山陰の酒と肴

玉造温泉駅14:30発、鳥取駅17:36着の長旅です。車中では事前予約した弁当「山陰の酒と肴」と「豊の秋 純米吟醸 花かんざし」をいただきました。ランチ抜きだったので、少し物足りなかったです。

スーパー居酒屋 鳥取だいぜん

鳥取駅では乗り換え時間が1時間ほどあるので、駅前で海鮮の定食を頂きました。

特急スーパーはくと HOT7000系

鳥取駅から三ノ宮駅までは、特急スーパーはくとに乗車です。日本最速の気動車で、時速130kmで爆走します。

ほとんどを移動に費やした山陰本線を横断する旅は以上です。と旧車両とは言え、座りっぱなしはちょっと辛かった。

2023/2/13

作成者: きたけん

神戸出身&在住。大学では環境を学び、今はまちづくりに携わる。思い立ったらすぐに飛び出してしまう。