ニューホライズン 歴史から未来へ展 @ アーツ前橋

蜷川実花《Breathing of Lives》
アーツ前橋

前橋市中心市街地の商業施設を改修し、公立美術館として生まれ変わった「アーツ前橋」が、開館10周年を記念した特別展 「ニューホライズン 歴史から未来へ」を鑑賞してきました。

アーツ前橋だけでなく、周辺の施設や廃ビルなども会場となっており、さながら芸術祭のようでした。

ザドック・ベン=デイヴィット《見たことはあるが会ったことはない人びと》

白い砂の上に、およそ6000の金属シートを切り出した人間を並べ ています。

袴田京太朗《ジュリアン-Scatter》

カラフルなアクリル板を積層させた小便小僧は、 六甲高山植物園に実在する彫像をコピーしたもの。

スプツニ子!《トランスフローラ》
関口光太郎《ジャイアント辻モン》

新聞紙とガムテープで巨大なモンスターを制作。作者の関口光太郎氏が前橋市出身で、「思い出は、今もその通りに 『辻神』 となって漂っている感じがする」そう。

蜷川実花《Breathing of Lives》

廃ビルにある元キャバレーの一室に、廃棄されたブラウン管や水槽に映像を映しています。

WOW《Viewpoints-Light Bulb》
WOW《Viewpoints-Light Bulb》

無造作に置かれているように見える裸電球も、「ビューポイント」に立つと、鏡をとおして光が一本の水平線となります。

左からマッド・ドッグ・ジョーンズ《そもそも私のこと愛してた?》、《発想は通貨》、《システムとしての思想》

日本的なシーンをモチーフにしたアニメーション作品。

白井屋ホテル
白井屋ホテル

本展の会場の一つにもなっている白井屋ホテルは、老舗旅館「白井屋旅館」を藤本壮介氏による設計で、2020年に改修・生まれ変わったものです。裏手はさながら山になって、客室が生えているよう。

前橋ガレリア

同じく会場の一つになっている前橋ガレリアは、平田晃久氏による設計で、2023年に建設されたアートレジデンスで、ギャラリーなどが入居しています。

群馬県庁
ぐんまちゃん

おまけ。展望フロアのある群馬県庁に登りたかったのですが、施設点検のため休館していました… 残念。

群馬会館

群馬県庁の向かいにある群馬会館は、1930年に建設された公会堂で、国の登録有形文化財に指定されています。

2023/11/4

作成者: きたけん

神戸出身&在住。大学では環境を学び、今はまちづくりに携わる。思い立ったらすぐに飛び出してしまう。