演劇鑑賞

昨日知り合いが劇に出演するというんで、神大の旧講堂まで足を運んできました。自由劇場という団体の劇を見たんですが、ここの劇団過去に何回か見させてもらって、とてもよかったので、今回も期待に胸ふくらませて見てきましたw

今回の演目は「恋愛戯曲」なる作品。

売れっ子ドラマ脚本家の家に、TV局のプロデューサーが早く書くよう催促に行きます。しかし何も書くことが思いつかない、と脚本家。そこで恋愛もののドラマの脚本を書くために、脚本家はプロデューサーに自分と恋に落ちなさい、と理不尽な要求。そうしてどたばた劇が始まっていきます。

色々あって脚本家は脚本を書き始めるのですが、その内容が「新人脚本家の脚本に魅せられて是非ドラマに使いたいとプロデューサーが脚本家の家を訪問する」というもの。そしてその登場人物の名前がその売れっ子脚本家やプロデューサーと同じっていう・・・だから劇の中で脚本の内容を紹介するときは同じ役者さんが違う立ち位置で演じ分けていました。

この劇の見所はここですね。いつしか現実と虚構の違いが曖昧になり、果たして今はどちらなのかと非常に惑わされました。それぞれの登場人物の言葉遣いや上下関係から追々理解できるようになってきましたが、この複雑な流れが非常に秀逸だったと思います。

そして恋愛サイドは昼ドラそのものw愛と裏切りの連続ですw

ほとんど劇というものを見ないんで、あーだこーだ書くのはお恥ずかしいですが、今回も非常に楽しかったです。皆様も一度ご覧になれてはいかがでしょうか。

・・・そういえば普通のネタでブログを書くのがすごく久しぶりな気がしますorz

投稿日:
カテゴリー: 日記

作成者: きたけん

神戸出身&在住。大学では環境を学び、今はまちづくりに携わる。思い立ったらすぐに飛び出してしまう。