ずっと、スタンド・バイ・ミー(上) フルメタル・パニック!

「フルメタル・パニック!」シリーズの最終巻の上巻です。

世界の紛争地帯の火消し役である傭兵部隊<ミスリル>の軍曹・相良宗介は、ある特殊能力を持った女子高生・千鳥かなめを護衛すべく日本の高校へ潜入する。しかしある日ミスリルの敵対勢力<アマルガム>によってかなめは拉致される。

ミスリルが誇る最新鋭潜水艦の艦長・テレサ・テスタロッサ大佐と宗介は、アマルガムの陰謀を阻止するためソ連の秘密都市<ヤムスク11>を訪れる。そこで見たのはこの世界が時間災害によって生まれた歪んだ世界だという事実。

テレサの兄にしてアマルガムの事実上のトップ・レナードと共にヤムスク11を訪れたかなめもその事実を知ったのと同時に、この世界を是正できるのは自分だけだと自覚する。

宗介たちミスリルは、世界の改変を阻止し、かなめを取り戻すことが出来るのか。核戦争の危機が迫る中、最終決戦が始まるります・・・。

はらはらどきどきの1冊でした。潜水艦での海戦の場面は息をのみます。普通海戦なんて地味なものなのに、これだけ緊迫したものは初めてです。そしてそれに続く敵本拠地制圧作戦のど派手な戦いといったら(笑)

そうそう宗介が決戦に向けてLAWを携行する描写がありましたが、何に使うんでしょうね-。わざわざ武器名を記載することなんてめったになかったから、気になります。

これは続きが気になって仕方がないですわorz まぁ、何かと途中退場の多い狙撃手さんの生存フラグには一安心ですが。

作成者: きたけん

神戸出身&在住。大学では環境を学び、今はまちづくりに携わる。思い立ったらすぐに飛び出してしまう。