bcdeditの使い方。

ブートマネージャーの使い方に関する備忘録。

Windows Vista/7におけるブートメニューの変更するためには「bcdedit.exe」というプログラムを走らせる必要があります。因みに管理者権限が必要。

新しい項目の追加

C:> bcdedit /create /d "Ubuntu 10.1"/application bootsector

引数のdにはOSの説明を。そしたら下のように応答があるから、ntldrをテキストエディタなどにコピペしておく。以下で用いるIDはすべてその値を使うこと。

エントリ ntldr は正常に作成されました。
C:\> bcdedit /set ntldr device partition=C:
C:\> bcdedit -set ntldr path \ubuntu.bin

partition=にはブート用のイメージファイルを保存したドライブ、pathにはイメージファイルのパスを入力。

C:\> bcdedit -displayorder ntldr -addlast

タイムアウトの設定

C:\> bcdedit /timeout 10

これで10秒になる。

デフォルトのOSを変更

C:\> bcdedit /default ntldr

項目の削除

C:\> bcdedit /delete ntldr /f

表示順序の入れ替え

C:\> bcdedit /displayorder ntldr[1] ntldr[2] ntldr[3] ...

表示したい順番にntldr[1] ntldr[2] ntldr[3]のように並べる。

登録された項目の確認

bcdeditを引数なしで実行。

いつもOSのイメージファイルを抜き出すところで失敗するんだよなー。今の時代フロッピーついてないしorz

投稿日:
カテゴリー: ICT

作成者: きたけん

神戸出身&在住。大学では環境を学び、今はまちづくりに携わる。思い立ったらすぐに飛び出してしまう。

1件のコメント

コメントは受け付けていません。