蒼路の旅人

上橋菜穂子著、「蒼路の旅人」、新潮文庫

「精霊の守り人」から始まるシリーズの第6作。
新ヨゴ皇国のチャグム皇太子は、その潔癖さと民衆からの絶大な支持によって父である帝から煙たがられていた。

そんな中海の王国サンガルは強大なタルシュ帝国に侵攻されつつあった。そして新ヨゴ皇国にサンガルから援軍の要請が届く。しかしこれは明らかなタルシュ帝国の罠であり、そうと知りつつ帝はチャグムに艦隊に同行するよう命じ、チャグムらは南の大海原へ漕ぎ出すのであった・・・。

新ヨゴ皇国の宮廷のいざこざだったり、サンガルの苦境だったり、タルシュの内部抗争だったり、今作はすごく濃密です。いろんな人が集まってドラマを織りなしています。ファンタジーな世界観だけど、ものすごい人間くさい、つまりはどろどろなんですけど”笑 それがとても生々しく描かれていて緊迫感があります。

もう一つの見所がチャグムが成長していく姿です。「精霊の守り人」のときはわずか11歳、今作は15歳です。今作の中でも大きく成長して、国を背負っていく為政者たる決断をする場面は胸を打たれますね。

あとは結末が気になるところ。次作「天と地の守り人」ではタルシュとの戦争がいよいよ始まってしまうのか、あるいは阻止できるのか、あるいは降伏してしまうのか今から楽しみでなりませんね。

投稿日:
カテゴリー: 書評

作成者: きたけん

神戸出身&在住。大学では環境を学び、今はまちづくりに携わる。思い立ったらすぐに飛び出してしまう。