虐殺器官

伊藤計劃 著
早川書房

サラエボが核爆弾テロによって消失した近未来が舞台です。主人公は暗殺部隊である米国情報軍大尉・クラヴィス・シェパード。そしてその暗殺の対象となったのが、世界各地の虐殺現場で暗躍する米国人・ジョン・ポール。しかしクラヴィスたちがジョンが滞在していたと思われる場所を襲撃したときには、いつももぬけの殻となっていました。果たして彼はジョンを追い詰められるのか・・・日本人では珍しい長編国際軍事サスペンスです。

貧困、環境問題、国際情勢、民間軍事会社、核問題など今にも通じる社会問題を丁寧に取り扱っていて、とても重みのあるお話でした。そして綿密に書かれた技術やその背景がその重みをいっそう深いものに仕上げています。一方で核爆発によって失われたサラエボや印パによる核戦争といった設定がどこか違う世界を感じさせます。

また登場するテクノロジーがとても生々しかったです。全世界を電子のネットワークでつないだオルタナティブと呼ばれる端末は、さながら攻殻機動隊の電脳のよう。高々度降下で用いられるポッドを制御するのはクジラやイルカから作られた人工筋肉などなど。

ただ本書解説でも書かれていますが、ジョンが虐殺を扇動した理由付けがもう少し丁寧にほしかったと思います。ただの狂人だったのか、あるいは歪んだ愛国心の塊だったのか。

少々グロテスクな表現が多いですが、それ以上に味わい深い作品でした。

著者の伊藤計劃氏は2009年に亡くなれて、氏の他作品にあまり触れられないのが残念でなりません。

作成者: きたけん

神戸出身&在住。大学では環境を学び、今はまちづくりに携わる。思い立ったらすぐに飛び出してしまう。