四畳半神話大系

角川文庫
森見登美彦

京都の大学に通う3回生の「わたし」の日常を描いています。ただし「わたし」というのが、非社会的で少々性格がひねくれてます。そんな「わたし」が1回生の春にどんなサークルに入るかで、並行世界として各話独立しています。1話が映画サークル「みそぎ」、2話が同じアパートに住む樋口に弟子入り、3話がソフトボールサークル「ほんわか」、4話が秘密組織「福猫飯店」に入った場合のお話です。

これが、、、はまりますなーwまず独特な毒っぽい言い回しです。古風というか漢文調というか、そういった印象を持たせつつ、それでいて現代っぽい。これがとても記憶に残ります。

そしてその独特の言い回しが、各並行世界で毎回共通して使用されています。というのもキーとなるアイテムや人物は立ち位置が違えど、いつも登場してくるからです。例えば木屋町通りの占い師について

「道行く人の魂を狙って舌なめずりする妖怪である。ひとたび占いを乞うたが最後、怪しい老婆の影が常住坐臥つきまとうようになり、やることなすことすべてがうまくいかず、待ち人は来ず、失せ物は出ず、楽勝科目の単位を落とす、提出直前の卒論が自然発火する、琵琶湖疎水に落ちる、四条通でキャッチセールスに引っかかるといった不幸に見舞われる~」

と毎回説明が加わりますw普通だったら飽きるんでしょうが、これが飽きないんですよねーw

あとはちょこちょこ実際の地名が出てきて、すごくイメージがわきやすいです。前述の木屋町通りや河原町、下鴨神社、賀茂大橋、南禅寺水路閣・・・行ったことがなかったら、一度行ってみたくなるでしょうねw

果たして歪みに歪んだ「わたし」が求める「黒髪の乙女」に出会うことができるのでしょうか。一読あれ-。

投稿日:
カテゴリー: 書評

作成者: きたけん

神戸出身&在住。大学では環境を学び、今はまちづくりに携わる。思い立ったらすぐに飛び出してしまう。