シアター!

メディアワークス文庫
有川浩

劇団「シアターフラッグ」の主宰・春川巧は、劇団の負債300万円を工面してくれるよう、会社員をしている兄・司に頼みに行きます。司は承諾しますが、2年以内に劇団の収益で返済せよ、出来なければ劇団をたため、と条件をつけます。

兄の内心として、弟には安定した職についてほしいという思いがありました。そのために、演劇を最後まで精一杯やって、それでも駄目だった、と挫けさせようと考えました。そこで(ツンデレなことに)、演劇そのもの以外の理由で収益が出ないのは、本意ではないとし、経理担当”鉄血宰相”として自ら劇団に参加することになり、あの手この手を駆使し、黒字化を目指します。

と、まあツンデレ兄貴がすごく輝いているお話ですw勿論ほかのキャラクターも輝いていますけど、司の「金は正義だ」とまで言い切る清々しさ、その一方で弟にはなんだかんだ言って世話を焼いちゃう姿に惚れちゃいます。演劇がいかにビジネスモデルとして確立しづらいかを強調しているので、司の改革がすごいものに思えてきます。

あとはなんと言っても、プロの声優として働きながら、シアターフラッグに魅せられて、入団した羽田千歳の存在ですね。大学を卒業しても、ずるずると演劇に残ってしまい、社会に馴染めない他の団員と一線を画しています。故に生じた千歳と団員との溝や、司と千歳との一体感は見所です。

有川さんの今までの作品の特徴が「軍事」と「べたな恋愛」だっただけに、それらを排した本作は、すごく新鮮に感じました。こういうのもありかなー、と思いました。最近小説に費やす時間が少なくなっていたにもかかわらず、かなり短期間で読み切ってしまいました。テンポもよく、読みやすいかと思います。

この調子で、話題の「阪急電車」も読んでみようかな・・・。

作成者: きたけん

神戸出身&在住。大学では環境を学び、今はまちづくりに携わる。思い立ったらすぐに飛び出してしまう。