旧福知山線を歩く (1)

沿線の景観が美しいことで有名なJR福知山線ですが、かつて昭和61年に行われた単線の複線電化工事に伴って廃線になった旧線があります。この旧線は武庫川渓谷に沿って敷設されており、福知山線の中でも随一の沿線風景を提供してくれます。

通常廃線跡は、立ち入ることができないよう、何らかの措置がとられるものですが、生瀬~武田尾間は、隧道や橋梁が営業当時に近い形で残っており、歩いて通ることができます。現在は、宝塚駅から一駅ということもあって、都会のハイキングコースとして親しまれております。

ただし、廃線跡への立ち入りについてJR西は黙認しているだけで、万が一の事故が起こっても一切関係がないという立場をとっています。廃線から20年以上経過し、一切整備されていない隧道や橋梁を通るのは危険が伴います。あくまでも自己責任ということはあしからず。

IMG_3000.jpg

昼頃阪急を使って宝塚に到着。JRを使うと運賃が高いんですよw

IMG_2997.jpg

駅近の洋食屋で昼食。案外ボリュームがありました。

準備を整えてJR宝塚駅からJR生瀬駅へ。駅前にはミニコープ(だったかしら)があるのみで、必要な物資は予め準備しておきましょう。また道中に便所がありませんので、駅で済ましておくことをお薦めします。

IMG_3002.jpg

駅から国道176号線(いわゆるイナロク)に向かって歩くと、旧線と新線が並んでる箇所がありました。奥が新線、手前の煉瓦造りが旧線です。早速趣を感じますね。

イナロクに沿って歩くんですが、ここの交通量が多いこと。そして申し訳程度に作られた歩道が寂しいです。

IMG_3004.jpg

中国道の高架下を越えたあたりで、イナロクに別れを告げ、東側へ抜けます。すると、早速見るからに「廃線」と言わんばかりの、まっすぐな空き地が現れます。よくよく観察すると、枕木が埋まっているのを見ることができます。

IMG_3006.jpg

その先にはJR西の警告文が。なんかどうとでもとれる文面です・・・。

IMG_3008.jpg

旧福知山線は武庫川渓谷に沿って進むので、ずっとこんな感じの景色が続きます。

IMG_3011.jpg

山桜と廃線と谷川。映えますなーw

IMG_3015.jpg

見張り台。20年以上も昔の金属製のハシゴは登りたくないですorz

IMG_3017.jpg

と思ったら、金属製のガーダー橋がorz 若干怖いですw

IMG_3020.jpg

営業当時の標識も残っています。ここが鉄道施設だったことを主張している数少ない遺産です。

IMG_3025.jpg

北山第1トンネル。300m以上の長大なトンネルでありながら、照明設備が一切ないので、照明器具を持参しないと、通行できません。煉瓦造りのトンネルとか熱すぎますw

IMG_3041.jpg

この写真は、北山第1トンネルではありませんが、石組み+煉瓦造りです。手作り感がやばいです。ん、オーブ?

(撮影日2011/04/25)

作成者: きたけん

神戸出身&在住。大学では環境を学び、今はまちづくりに携わる。思い立ったらすぐに飛び出してしまう。