シアター!2

有川浩
メディアワークス文庫
2011年01月25日発売

鉄血宰相・春川司は、2年間という期限付きで、弟・春川巧が主宰する劇団に300万円を貸しました。そして、全く社会を知らない劇団メンバーでしたが、団結してちょっとずつ借金を返済していきます。

前作では春川兄弟と、新メンバー・羽田千歳を中心に描かれていました。今作では、他のメンバーに焦点を当てて、喧嘩やら色恋沙汰やらを描いています。

各章でメンバー一人一人を掘り下げて、どんな思いで劇団に参加しているかが分かってきます。そこら辺が、キャラクターの個性がとても生き生きしている有川さんにとって、一番面白いポイントになると思います。

そして、もう一つ有川さんの作品で特筆すべき点が、べたべたな恋愛です。しかし、本作はすごく距離感のある恋愛・・・と言いますか、恋愛以前の恋心に留まってます。決して悪いことじゃないですし、むしろそれくらいの方が、男性としては読みやすいかもしれませんねw

兎に角、前作ほど「あっ」という展開はないです。だから盛り上がるところも少ないです。しかし、あとがきでも書かれていますが、続編があると言うことなので、今後に繋がるフラグとして把握しておけば、なんにも問題ないかと思います。

続編に期待を込めまして、感想を締めくくりたいと思います。

作成者: きたけん

神戸出身&在住。大学では環境を学び、今はまちづくりに携わる。思い立ったらすぐに飛び出してしまう。