大阪くらしの今昔館 (1)

天六にある大阪くらしの今昔館にて企画展「原信太郎 鉄道模型を極める」が開催されていたので、9月1日行ってきました。今日でこの企画も終わりなので、もう行けませんがw

原信太郎氏が80余年をかけて製作してきた鉄道模型の一部を展示していました。スケールが、一般的な鉄道模型と異なり、1両あたり長さ30cmくらいありました。またスケールもさることながら、本物の鉄を使っているので、存在感が圧倒的でした。

氏の作品は、来年横浜に開設される「世界鉄道模型博物館」に展示される予定なので、関西で鑑賞できる最後のチャンスでした。すごく貴重な体験になりました。

さて、続いて常設展。あんまり期待していなかったので、滞在時間を十分に確保してなかったんですが・・・いや案外楽しかったです。もうちょっと時間をかけたかったと後悔してます。

常設展では、「住まい」をテーマとした展示がなされています。

入館してまず驚くのが、天保の大阪の街並みを再現した実物大ジオラマです。

IMG_4155.jpg

表通り。

IMG_4168.jpg

裏通り。長屋が並んでいます。

IMG_4169.jpg
IMG_4172.jpg

長屋の中の様子です。出稼ぎ人の借家なので、非常に質素なつくりになっています。商売道具などの小物も作り込んでいます。。。

IMG_4175.jpg

裏通りと表通りを繋ぐ路地です。

(撮影日2011/09/01)

作成者: きたけん

神戸出身&在住。大学では環境を学び、今はまちづくりに携わる。思い立ったらすぐに飛び出してしまう。