大山崎 (2) サントリー山崎蒸留所

サントリー山崎蒸留所

最後はサントリーの山崎蒸留所へ。昔はウイスキーなんて大嫌いだったんですけど、今では一番好きな種類のお酒かなと思います。

IMG_5054.jpg

入り口。

IMG_5059.jpg

1923年(大正12年)には現在の地でウイスキーの製造を始めていたというのですから、既にすごい歴史です。正面の建物は近代化産業遺産だそうで、これも歴史を物語っています。やっぱり産業遺産萌ですねw

IMG_5067.jpg

ウィスキーのボトルがずらり。こうやって並べると美しいです。

IMG_5068.jpg

蒸留をする容器のふたのオブジェ。初めて見た時は何かと思いましたよ-。

IMG_5082.jpg

そして実際に今稼働しているやつ。中学の理科の実験以来蒸留なる操作をしたことがないので、すごく大変だったイメージしかないですorz

IMG_5088.jpg

ビールや日本酒との最大の違いが、この熟成。何年もここで寝かせるそうな。樽の材料、あるいは樽を置く場所によって
寝かされたウイスキーの味が変わってくるそうで、あたかも生き物のよう。

その樽も職人さんの手作りだそうで。

スタッフの説明を聞いていると、ウイスキー製造の大変さがひしひしと伝わってきます・・・。

IMG_5099.jpg

因みにこの樽は、使い終わった後家具なんかに再利用されます。この花壇もそう。いい感じの色で、色々活用できそうですね。

IMG_5106.jpg

試飲。こうやって並べて飲み比べると、流石に味の違いが分かります。この日飲んだのがサントリーの「山崎」、スコットランドの「バランタインファイネスト」、お馴染みアメリカの「ジャックダニエル」です。一番飲みやすかったのが山崎で、一番味が好きだったのがバランタインファイネストでした。

スタッフの人が、美味しいハイボールの作り方を教えてくれるんですが・・・こんなの聞いてしまうと、家でも作りたくなっちゃいますorz

IMG_5107.jpg

最後に山崎12年。あー、これはすごいわwあとで工場内のショップに行って、値段を確認したら、あんまり普段飲める酒じゃないことを実感しました。。。

そして高槻に移動して、さらに飲みましたとさ・・・。

(撮影日2011/10/02)

作成者: きたけん

神戸出身&在住。大学では環境を学び、今はまちづくりに携わる。思い立ったらすぐに飛び出してしまう。