横浜開港資料館・横浜赤レンガ倉庫

横浜開港資料館

その後一路赤レンガ倉庫へ。その道すがら、横浜開港資料館に寄りました。昭和6年築の旧英国総領事館を活用して、開国~関東大震災を中心とした近代の資料が展示されています。正直あんまり期待していなかったのですが(笑)、結構楽しめました。

横浜赤レンガ倉庫 遠景

そして横浜赤レンガ倉庫。その他の都市にある赤レンガ倉庫とは明らかに規模が違いました・・・。

横浜赤レンガ倉庫 近景

近くで見るとさらにでかいw

横浜赤レンガ倉庫 内観

いざ中に入ってみると、案外普通に商業施設でした。確かに神戸にある赤レンガ倉庫とは比にならないくらいの賑わいですが、あんまり赤レンガの特徴を生かし切れていないと感じました。

横浜赤レンガ倉庫 内観

3階部分。切妻の屋根裏があるため、開放感があります。そう、もっと天井高があれば、さっきのフロアももっとよくなるのでは!?

赤レンガ倉庫 広場

赤レンガ倉庫前の広場では、砂を敷いて、避暑できる空間が設置されていました。南国の香り漂う屋台で一休み。

赤レンガ倉庫を見てみて、すごく賑わいに溢れていて、神戸ももっと見習わないといけないと実感しました。ただ翌日東京に移動して色々新名所を回って感じたことでもあるんですが、どこにでもありそうなお店が並んでいるだけの、ありきたりな商業施設に終わらせてしまうのは如何せんもったいない気がしました。そういった店舗が大切であり、どれだけテナントに床面積を供することができるかが勝負なのも分かりますが、なにかしら目的意識があって足を運ぶようなチョイスでもいいんじゃないかと思います。

東京へ移動し、林先生とお会いしてきました。その辺の経緯は執筆しようかしまいか悩んでますが、とりあえず横浜編はここら辺で終わりです。

撮影日2012/08/21

作成者: きたけん

神戸出身&在住。大学では環境を学び、今はまちづくりに携わる。思い立ったらすぐに飛び出してしまう。