大浦天主堂・グラバー園

夕方の便で神戸に戻らないといけない中、ダッシュで大浦天主堂とグラバー園を見学してきました。

大浦天主堂

大浦天主堂

現存する日本最古のキリスト教建築にして、国宝。フォルムがいいですね。

大浦天主堂

近景。現地で知ったのですが、某型月的ゲームの舞台になっているそうで。予期していなかったものの、聖地巡礼叶ったりです。

残念ながら内部の撮影は禁止されていたので、アップできませんが、天井の構造が美しかったです。建築史には疎いのですが、いかにもゴシック様式な天井ですw

グラバー園

日本三大がっかり観光のひとつがグラバー園だと信じていたのですが、どうやらオランダ坂のようですね。お恥ずかしや。ということもあって全く期待してなかったのですが、そこそこ楽しめたかとw

気に入った建築をちょっとだけ。

旧オルト邸

旧オルト邸。重要文化財。石造りの柱とポーチ両側に配された藤棚(樹種が分からないので、藤棚じゃないかも)が印象的でした。ゾンビが出てきそうですねw

旧グラバー邸

そして、旧グラバー邸。日本最古の木造洋風建築。俯瞰するとハニカム構造のような配置になっていて、面白かったです。

こんなところでしょうか。

グラバー園は、周辺に散在していた歴史的建築物を集約、移築したものです。なので神戸の異人館街のように、建物ごとに入場料を徴収される形式ではないので気楽に見てまわれるのですが、こうも意図的に建物を配置されると違和感を感じます。どっちがいいか分からないですけど。

こうして長崎旅行は終了。こんどは五島列島方面や天草方面に足を伸ばしたいと思います。

撮影日2012/09/29

作成者: きたけん

神戸出身&在住。大学では環境を学び、今はまちづくりに携わる。思い立ったらすぐに飛び出してしまう。