レトロな産業遺産☆鉱石の道編「銀山まち回廊」

生野銀山を後にした一行は、生野銀山の鉱山町として栄えた口銀谷くちがなや地域を見学しました。銀山まち回廊はこの一体の愛称とのこと。

旧生野鉱山職員宿舎

旧生野鉱山職員宿舎

近代以降に建てられた職員宿舎を保存しています。

旧生野鉱山職員宿舎

煉瓦積みの台所が印象的です。台所付近の外構に配された黒色の石は「カラミ石」と呼ばれ、精錬の過程で出てくる廃材から作られていたそうです。

銀山まち回廊

付近を流れる市川沿いには軌道跡を復元した遊歩道が整備されています。遊歩道のために改めて敷設したとか・・・。

生野まちづくり工房 井筒屋

生野まちづくり工房 井筒屋

天保3年築の郷宿で、現在は資料館として残されています。国登録文化財。

すっごい地味な町並みでしたが、生野にもこれだけ町並みが残っている(残している)ことには驚きました。但馬で古い町並みと言ったら出石しか思いつきませんから。しかしいい写真が撮れなかったので、残念です。。。

(撮影日2013/06/23)

作成者: きたけん

神戸出身&在住。大学では環境を学び、今はまちづくりに携わる。思い立ったらすぐに飛び出してしまう。