acubic D40

acubic D40

前々から狙っていたabeeのPCケース・acubic D40を購入しました!インテリアとして映えるかなぁ、という思いと、今後購入予定のPS4(白色)に合わせようと思いまして(今は全部黒色)。

値段は、abee価格ですw普通にどん引きされます。しかし後悔はしていない!

acubic D40

開け方はこんな感じ。

acubic D40

真横から。底面にマザーボード(micro-ATX)、何故か真ん中に電源、天板近くに5″ベイという配置です。左奥に見えるのが3.5″ベイで、天板からぶら下げるような設計になっています。

電源が中途半端な位置にあるので、CPUクーラーがでかい人は要注意です。

acubic D40

上方から。5″、3.5″ベイを取り外しています。

初めてキューブ型のケースに挑戦し、収まるかどうかとても心配でしたが、今まで使用していたタワー型のケースよりきれいに収まりました。よく考えられていると思います。外形寸法としては、249×269×319mm。

欠点を挙げるなら、重い。全スチール製のため6.3kgと普通に鈍器ですwあと、ケースを開けにくい。見栄え重視のため固定金具が全て六角ネジっていう。

また5″の光学ドライブで白色のものが全くといって売っておらず、設置を断念。殆ど使わないから構わないけど。別途USB接続の光学ドライブを調達しました。

HA025

購入・開封してから気づいたのですが、フロントパネルからのケーブルがUSB3.0で、マザーボードに刺せないという悲劇が。後日BulletのHA025なるアダプタを購入して、USB2.0に変換できましたが、ほんと肝が冷えた。。。

投稿日:
カテゴリー: ICT

作成者: きたけん

神戸出身&在住。大学では環境を学び、今はまちづくりに携わる。思い立ったらすぐに飛び出してしまう。

2件のコメント

  1. 念願のPCケースの購入おめでとう!
    来年もいろいろ教えて下さい。
    PC購入で人柱になったおじさんより

    1. 本年もお世話になりました!
      率先して人柱になるので(笑)、よろしくお願いします。

コメントは受け付けていません。